日本に注目している国はどこ?



今回は、日系企業の就労(正社員としての就労)に興味を持ってくれている国についてまとめました。 日本語能力試験の国外受験者数という切り口です。  


現地での受験者数留学生数ランキング機電技術者 難易度ITエンジニア難易度
1位中国
(約13万人)
1位(約11万人)
国内での給与高騰

国内での給与高騰
2位韓国
(約4万人)
4位(約2万人)
新卒・第二新卒

新卒・第二新卒
3位台湾
(約4万人)
5位(約1万人)
国内での給与高騰

国内での給与高騰
4位ベトナム
(約4万人)
2位(約7万人)
国内での給与高騰
5位ミャンマー
(約2万人)
8位(約6千人)
東京志向が強い

※東京教育公論「2018、2019年度JLPT受験者数」、文部科学省「2018年5月時点での留学生数統計データ」より


2018年に人気があったのは機電・建設系ではベトナム、ITでは韓国でした。韓国はN2以上でITの大学を卒業している、もしくは実務経験がある候補者を集客できます。お客様の満足度も高く、通年採用されている企業もございました。 

(2018年の厚労省のデータによると、情報通信に従事する外国籍の方は57,620人で 中国27,088人、韓国8,679人、ベトナム3,611人、アメリカ2,113人、フィリピン1,673人でした) 

業界のトップ企業や年収の高い企業は、どの国籍の方も採用しようと思えばできると思いますが、日本語能力・スキル(学歴)・年収の価格帯、という観点からみて一般的に採用が成功しやすい国については。。

直近では機電・建設系ではベトナムかと思います。IT系は現在なら、ミャンマーあたりでしょうか。(これは調査中です)また一般的ではないですが、個人的にスリランカIT人材には注目しています。 

最後に、2018年時点ですが「前年比 留学生の増加率」についてまとめました。


留学生増加率留学生数(人)5年前と比べて
1位バングラデッシュ32.5%3,6403.8倍
2位スリランカ26.1%8,3295.9倍
3位ミャンマー23.1%5,9283.1倍
4位ベトナム17.3%72,3542.7倍
5位ネパール13.2%24,3312.3倍

 ※文部科学省「2018年5月時点での留学生数統計データ」より

スリランカが気になります。。!